最後のパレード 「ディズニーランドで本当にあった心温まる話」  本読みの本屋

最後のパレード 「ディズニーランドで本当にあった心温まる話」 のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

最後のパレード 「ディズニーランドで本当にあった心温まる話」

最後のパレード 「ディズニーランドで本当にあった心温まる話」最後のパレード 「ディズニーランドで本当にあった心温まる話」
(2009/02/26)
中村克

商品詳細を見る

内容紹介
東京ディズニーランドのキャストだけが知っている涙が止まらない物語

東京ディズニーランドの開業に携わり、当パークのスーパーバイザーを約15年間つとめた著者が、すべてのキャストたちへ丁寧に語り伝えていた「ディズニーランドの心温まる出来事」を33篇収録。

この本は、決して、小説のようにドラマティックな物語ではありません。またディズニーランドの裏側に迫るようなビジネスに役立つ本でもありません。ただ「夢」や「希望」といった言葉のすばらしさを確かめながら、ゆっくりと温かい気持ちになっていく、そんな一冊です。



内容(「BOOK」データベースより)
東京ディズニーランドのキャストだけが知っている涙が止まらない物語。明日からの人生を変える1冊。東京ディズニーランドの開業に携わり、当パークのスーパーバイザーを約15年間つとめた著者が、キャストたちへ丁寧に語り伝えていた「ディズニーランドの心温まる出来事」。


ディズニーランドは夢の国。
まさにそれが分かる。キャストがみんなディズニーランドで働いていることを誇りに思っているんだろうな、っていうのが分かる。

1話は短くて読みやすい。
話に入りにくいって言う面もあるかもしれないけど1度でもディズニーランドを訪れたことのある方、ディズニーランドが好きな方ならすんなりと読めると思う。いい本に出会ったと思う。
スポンサーサイト

2009年03月27日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。