FC2ブログ

本読みの本屋

私が今までに読んだ本屋これから読みたい本、気になる本を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

MOTHER3 デラックスボックス

MOTHER3 デラックスボックスMOTHER3 デラックスボックス


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



メーカーより

「MOTHER3」特製ゲームボーイミクロ、「MOTHER3」、フランクリンバッジをセットにしたコレクターアイテム。ファンなら押さえておきたい一品。



本ではないんですが・・・。ゲームだけ欲しい方は↓



MOTHER3MOTHER3


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

2006年04月20日 トラックバック(0) コメント(0)

在日 修羅の詩―コリアン・メモワール

在日 修羅の詩―コリアン・メモワール在日 修羅の詩―コリアン・メモワール
茂山 貞子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容(「BOOK」データベースより)
自分は韓国人なのになぜ日本にいるのだろう。どうしてこんなに貧しいのだろう。幸せってなに?一番大切なものはなに?―一人の女性が、次々と立ちはだかる逆境に悩み、苦しみながらも夜の街で成功を勝ち取るまで。絶望、屈辱、悲哀、裏切り、愛憎…、銀座、北新地、神戸の夜にその名をとどろかせたカリスマホステスが綴った、実録・けものみち。


今ちちんぷイぷいで紹介されてたこの本。
私達が日ごろ何気なく生活している中で、思いもつかない葛藤や苦難が在日の人たちにはあるのかも知れません。
とても興味深い本です。

2006年04月19日 トラックバック(0) コメント(0)

ウルトラ・ダラー 手嶋 龍一

ウルトラ・ダラーウルトラ・ダラー
手嶋 龍一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容(「BOOK」データベースより)
「拉致」衝撃の深層!昭和43年暮れ。東京・荒川に住む若い彫刻職人が、忽然と姿を消した。それから35年以上の月日が流れ、ついに全貌が明らかになる…。ダブリンに超精巧偽百ドル札あらわる!震源は「北」。前NHKワシントン支局長の著者が放つ衝撃のドキュメンタリー・ノベル。


これすっごい読みたいんですよね。
新聞の広告欄で見たんですけど面白そう!!
著者の手嶋 龍一サンはNHK前ワシントン支局長で、9.11テロ事件では11日間連続の中継放送を担った人なんだそうです。
近々読もうと思います。




2006年04月13日 トラックバック(0) コメント(0)

苦難の乗り越え方 江原 啓之

苦難の乗り越え方苦難の乗り越え方
江原 啓之


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


第一章 苦難をどうとらえるか

 この世に苦難がある意味
 〈あの世〉と〈この世〉
 「人生はスポーツジムである」
 前世の記憶を失う理由
 苦難は自らが求めた感動である
 霊的世界を伝えるために
 恐れをなくすこと
 〈因・縁・果〉と因果(カルマ)
 執着しないこと
 人生は想像力次第
 できるだけ多くの経験と感動を
 苦難とは自分自身へのプレゼント
 宿命はケーキのスポンジ、運命はデコレーション
 鏡に映る自分を見よう
 ないものねだりにならないように
 人生は舞台のようなもの
 人生を修学旅行にたとえると
 俯瞰した視点を持つ
 神頼みは是か非か
 奇跡
 執着を捨てる

第二章 苦難の乗り越え方

 病という苦難
 障害、難病をどうとらえるか
 思いを込めて生きる
 臓器移植は許されるか
 不妊症について  
 オーラを輝かせるのは経験と感動
 金銭上の苦難
 感謝のこころが引き寄せるもの
 貧乏は恥か
 挫折は新たな道に通じる  
 たましいを輝かせる仕事が天職
 自分の見きわめ方
 フリーターの存在、ニートの存在
 責任主体の自覚はあるか
 恋愛から学べるもの  
 結婚がもたらす試練
 離婚

第三章 逃げか卒業か

 〈逃げ〉か〈卒業〉かを見きわめよ
 ノート内観法
 孤独と向き合え
 気持ちを言葉にするのが苦手な人々
 八つの法則
 自分自身をサンクチュアリに
 苦難の乗り越え方レシピ(実践編)
  失恋/依存症/実らない努力
  容姿(美醜の問題)/孤独
  貧困/借金(貸した場合)/借金(借りた場合)
  不倫/リストラ・失業/転職
  不安・虚無感/子どもの教育
  家庭内暴力(子どもの場合)/家庭内暴力(夫・妻の場合)
  離婚/病気
  親しい人の死/子どもの死(出産時)/自分自身の死

おわりに


4/15発売だそうです。
自分の人生を考える上で何かヒントになればいいなと思います。
アマゾンは予約受付中です。
もちろん私も予約します。

2006年04月06日 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。